トップ > 鬼女 > 私の家の鶏ガラスープの素の容器を取り上げて「ちょっと待って!!賞味期限!!!」と勝ち誇ったように叫んだ女。詰め替えてるって説明したのに流しに中身をあけやがった
夢の暗号通貨シティ NOAHシティ
伝説の「師範代」が中高年ゴルファーに捧げる実践レッスン!『大古清のゴルフ道場』


私の家の鶏ガラスープの素の容器を取り上げて「ちょっと待って!!賞味期限!!!」と勝ち誇ったように叫んだ女。詰め替えてるって説明したのに流しに中身をあけやがった

2017年10月13日(金) 鬼女

marudorisoup50g
440: 名無しさん@おーぷん 2017/10/10(火)09:13:29 ID:rqk
小さなことだが、友達よんで家で豚しゃぶした。水餃子なんかも入れて
飲んで楽しかった。
しめに雑炊しようとなって私が鶏がらスープの素の容器を出して鍋に
入れようとしたら横に座ってた女がいきなりその容器を取り上げて
ちょっと待って!!賞味期限!!!と勝ち誇ったように叫んだ。
続きを読む

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。