トップ > 鬼女 > 知らない女「本当は私があんたの家の子だったのに!」私「は?え?」→ 私「お母さん、こんなことがあったんだけど...」母「あ~、実はね...」
「暗号通貨」時代の到来
「暗号通貨」時代の到来


知らない女「本当は私があんたの家の子だったのに!」私「は?え?」→ 私「お母さん、こんなことがあったんだけど…」母「あ~、実はね…」

2017年10月13日(金) 鬼女

こじらせた女
今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 89度目

838: おさかなくわえた名無しさん 2013/02/16(土) 21:04:03.81 ID:zUVUviNL
自分が赤ちゃんの時に取り違えられて、数年間別の家で暮らしていたこと。 

どうしてわかったのかは今でも分からないが、確かに小さい頃住んでた家と今の家は違う。(同じ区内)
 
大学に入って

「本当は私があの家の子だったのに!」

と全く知らない女に付きまとわれて殴られて、両親に聞いてわかったこと。

続きを読む

この記事が気に入りましたら
「いいね!」を押しましょう

 

この度は星の数ほどある情報サイトの中から、当ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。

今後の執筆活動の励みになりますので、よろしければ「いいね!」をお願いいたします m(._.)m。


【必見!】今話題の情報 pick up!

人気記事 pick up!

コメントは受け付けていません。